海の危険生物

沖縄の珊瑚礁には、思いもよらぬ有毒生物が生息しています。ビーチキャンプやマリンスポーツを楽しむときには、絶対に手を触れないようにしましょう。

マダラウミヘビ

マダラウミヘビ
海ヘビの仲間は強い神経毒を持っているので咬まれると神経マヒを起こし動けなくなる。

ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコ
体長12cmの小型のタコ。鮮やかな青い小さな斑紋がある。有毒なので食べられない。

ガンガゼ

ガンガゼ
長い鋭いトゲをもつ黒いウニ。刺されると激しい痛みがあり、トゲは折れやすいので病院で切開して取り出そう。

ウンバチイソギンチャク

ウンバチイソギンチャク
直径10〜20cmの円盤の形をしてたり、円盤に突起を伸ばし形をした猛毒のイソギンチャク。刺されると激痛が走る。

ゴンズイ

ゴンズイ
背びれと胸びれのトゲに強烈な毒腺を持っている。刺されると激しい痛みを生じる。

イモラ

イモラ
海藻によく似ており岩や石などについている。触れると痛みを感じ、痛がゆさがしばらく続く。

ラッパウニ

ラッパウニ
直径10cmの大型のウニで、体表面のトゲが皮膚などに刺ささると激しい痛みがある。

ハブクラゲ

ハブクラゲ
立方体のかさがあり、約30本の触手を持っている。6月から9月にかけて多く見られる。刺されると激痛がある。

オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼ
オコゼの仲間は、砂や岩に色・形が非常に似ているので注意しよう。背びれに毒がある。

アンボイナガイ

アンボイナガイ
殻長10cmの大きな巻貝。体の中に毒矢をもっている。刺されてもほとんど痛みはないが、すぐに身体がしびれてくる。

本日のフェリ-ー時刻表


12月14日(木)
本日は、通常の2便運航です。
  
1便 伊平屋発 09:00 運天港着 10:20 
     運天港発 11:00 伊平屋着 12:20       
2便 伊平屋発 13:00 運天港着 14:20     
     運天港発 15:00 伊平屋着 16:20 

※2018年1月1日(月)は
伊平屋発 9:00、運天港発 11:00の1便運航となります。

毎日午前7時30分頃更新。
来島の際は運航情報をご確認下さい。

 

伊平屋島観光協会公式ホームページ 

ふるさと納税

  

原風景の島


伊平屋島CM動画

 

Web版おさんぽ伊平屋 

観光パンフレットはこちらから

アクセス情報 

 

サイト内検索

このページのTOPへ