伊平屋の植物

亜熱帯気候の下にある伊平屋は年中美しい花や青々とした草木など様々な種類の植物を観賞することができます。舗装された林道や遊歩道をいくとアコウ、ガジュマルなどの大きな木がいっぱい。また、山全体がクバにおおわれた珍しい山もある。そんな伊平屋の植物たちをほんの一部をご紹介します。

ビロウ(方言=クバ)

ビロウ(方言=クバ)
島内に自然に生えているポピュラーな木。クバの葉でつくったクバ笠は島の名産です。

ツツジ

ツツジ
伊平屋の村の花に指定されているツツジは山原(やんばる=沖縄本島北部)の赤土によく育つ花です。

サキシマハマボウ

オオハマボウ
オオハマボウなどと同じ海岸近くに黄色い花を咲かせます。見つけにくい貴重な種です。

ジシバリ

ジシバリ
海岸の砂地、道ばた、畑のあぜ道などに見られます。苦味がありますが、食べられます。

ハイビスカス

ハイビスカス
海岸でよく見られ、幹からタコの足のような根がでており、パイナップルに似た実をつけます。

オキナワキョウチクトウ

オキナワキョウチクトウ
アダンやオオハマボウなどと共に海岸に育つ高木です。かわいい白い花を咲かせます。

アダン

アダン
海岸でよく見られ、幹からタコの足のような根がでており、パイナップルに似た実をつけます。

このページのTOPへ