ハブに注意

ハブ

ハブ

・伊平屋島には生息するが、野甫島には生息しない。
・全長が2m以上に達し、毎年咬症者がでる。
・夜行性で昼間は石垣の穴などに潜んでいる。

ヒメハブ

ヒメハブ

・伊平屋島及び野甫島に生息する。
・最大70cmに達し、毎年咬症者がでる。
・川や池など山の水辺に多い。

ハブに咬まれた時の対処について

1. 近くの人に助けを求め、できるだけ早く病院へ行く。まわりに誰もいないときは自分でできるだけの処置をした後、あわてずに近くの民家や人のいる場所に行く。
2. 傷口から血液とともに毒を体外へ吸い出します。できれば安全カミソリや小刀などを消毒してから、血液が流れやすいように傷口に差し込んで少し開き、口で吸い出すかまたは絞り出す。自分の口が届かないところの場合は、他の人に頼みましょう。少なくとも10回以上、お茶や水で口をゆすぎながら吸引を繰り返す。虫歯があったり誤って飲み込んでも心配はありません。
3. 咬まれた部分から身体の中心に近い方をタオルやヒモで脈が止まらない程度にしばます。血液が止まるほど閉めすぎると逆効果 になります。およそ20分ごとにゆるめて血液を流し、再び締め直します。
4. 一人の場合、早く病院に行かなければならないが、安静にすることも大事です。決して走ったりしてはいけません。
5. ハブに咬まれた人の95%の人は治り、死亡例はほとんどありません。余計な心配はやめて正しい処置を心がけましょう。

ハブを見つけたら…。

伊平屋村役場 TEL:0980‐46‐2001
伊平屋駐在所 TEL:0980‐46‐2130

咬まれたら…。

伊平屋診療所 TEL:0980‐46‐2116

本日のフェリ-ー時刻表


*午前7時30分頃更新。
※天候悪化や、軽石漂着等により急遽欠航または運航時間等が変更となる場合があります。随時情報をご確認下さい

▼本日のフェリーは、通常運航を予定しております。

1便
伊平屋発   9:00
運天港発   11:00

2便
伊平屋発  13:00
運天港発  15:00



▼車両を予約されたお客様へ
※荒天や軽石の影響等により、予約していた船便が欠航になった場合、車両予約は無効となります。
改めて予約を取り直す必要がありますので、ご注意下さい。

To customers who have reserved a vehicle
※If the reserved ferry is canceled due to a typhoon, sudden bad weater or pumice stones, the vehicle reservation will be invalidated. Please note that you will need to make a reservation again.

軽石の影響によるフェリーの対応について

◎軽石の影響により、行き先が本部港へ変更となった場合でも、車両予約や貨物の受付等は、運天港にて行います。
本部港への問い合わせや、荷物の持ち込み、車の駐車は対応できかねますので、ご遠慮いただきますようお願いします。
(※本部港に駐車場はございません。)

◎本部港から伊平屋島へ車を航送される方は、伊江島行きのお客様のご迷惑にならないよう、11時10分以降に待機場所にて待機するようお願いします。

◎翌日の運航につきましては、運天港と前泊港の軽石の状況を見ての判断となるため、当日の朝決定致します。

※About the ferry due to the influence of pumice stones
Even if the destination is changed to Motobe Port due to the influence of pumice stones, vehicle reservations and cargo reception will be done at Unten Port. Please refrain from making inquiries to Motobu Port or bringing in luggage.
Those who are traveling from Motobu Port to Iheya Island are kindly requested to wait at the waiting area after 11:15 am so as not to bother customers bound for Ie island.
The next day's operation schedule will be decided on the morning of the day 
as it will be gudged base on the situation of pumice stones at Unten Port and Maedomari Port.

伊平屋村へ来島を予定されている皆さまへ(11/1更新)
沖縄県では新型コロナウイルス感染拡大抑止に向け、11月1日〜30日まで「リバウンド防止と社会経済活動の両立期間」となっております。
それに伴い、
本村への往来の際は、ワクチン接種やPCR検査・抗原検査の受検などの事前の充分な健康観察を行っていただき、マスクの着用など感染防止対策を充分に行っていただきますようお願い致します。

島にウイルスを持ち込まない為に、村民の皆さまにおかれましても、事前の充分な健康観察とマスクの着用など感染防止対策を充分に行っていただききますようお願い致します。

  

※.フェリーをご利用される皆様へ(お願い)
1    チケット購入時や乗下船
  時、客室内ではマスクの
  着用を徹底して下さい。
2    客室に備えつけされてい
  る毛布・枕の貸出を当面
  の間中止します。
3 乗船時に検温を行ってお
  ります。
   発熱のある方、体調が
   すぐれない方は、乗船
        をご遠慮下さい。
4    咳・くしゃみをする際は
       ハンカチ等で鼻と口を覆
       い、周囲のお客様のご
  迷惑にならないよう、
   しっかり対策をして下さい。
5  切符売場、ターミナル内、
        フェリー船内では「3密
      (密閉、密接密集)」の場
        所を避け、人との距離を
  2メートル以上空け、風通
  しのよい場所(室外)等を
  利用して下さい。      


毎日午前7時30分頃更新。
来島の際は運航情報をご確認下さい。























 
  
 
 

サイト内検索

このページのTOPへ