福祉

外で学んだ若者が、故郷に根を張れるよう。
未来を担う子供たちが、健やかに育つよう。
島の働き盛りが、確かな手ごたえを感じられるよう。お年寄りが、生きがいあふれる毎日を送れるよう。
社会の変化に対応した暮らしやすい村づくりを進めています。

いへや村の福祉

新世紀に向けて高齢化が進む一方、核家族化・少子化などで、村の従来の家族形態や家庭生活が大きく変化してきました。すべての村民が住み慣れた島で必要なサービスを受け、生きがいと安心のある生活を営めるよう、村ではさまざまな施策を行っています。

高齢者対策

村の超高齢化に備え、平成8年、村生活支援ハウス「とらず園」がオープン。高度の障害を持つ方、寝たきりの方も住み慣れた村で生活できるよう、特養ホーム並みの施設内容を備えています。居住での24時間介護はもちろん、デイサービスを積極的に実施。また在宅介護家庭には一時預りや、訪問による入浴、給食サービスで家族の負担軽減につとめています。

村営住宅の整備

昭和60年度から始まった本事業ではU夕−ン若年者、2〜3世帯家族などの住宅需要に応え、昭和60年1棟2戸世帯を皮切りに現在計32棟が完成し、110世帯が入居。今後は、老朽化した住宅の再整備を進めます。

本日のフェリ-ー時刻表


 2月23日(木)

  2/20〜3/11迄の期間、中間検査のため
1便運航となります。
詳しくは「運航変更のお知らせ」をご覧ください。

 伊平屋発 09:00   運天港着 10:20
 運天港発 11:00   伊平屋着 12:20 
 伊平屋発 13:00   運天港着 14:20 
 運天港発 15:00   伊平屋着 16:20


 
毎日午前7時30分頃更新。
来島の際は運航情報をご確認下さい。
  •  
  • 伊平屋島観光協会公式ホームページ 
  • ふるさと納税
  •  
  • 原風景の島
  • Web版おさんぽ伊平屋
    観光パンフレットはこちらから
  • アクセス情報 
  •  
  • サイト内検索

    このページのTOPへ