伊平屋村美ら島応援寄附条例

伊平屋村美ら島応援寄附条例

平成20年 9月26日
伊平屋村条例第13号
(目的)
第1条 この条例は、伊平屋村を愛し、応援しようとする個人又は団体から広 く寄附金を募り、これを財源として各種事業を実施し、寄附者の伊平屋村に 対する思いを実現化することにより、多様な人々の参加による個性豊かな活 力ある村づくりに資することを目的とする。
(事業の区分)
第2条 前条に規定する寄附者からの寄附金(以下「寄附金」という。)を財源 として実施する事業は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1) 産業の振興及び魅力ある観光地づくりに関する事業
(2) 自然環境の保全及び景観の維持、再生に関する事業
(3) 教育、文化、スポーツ活動の充実に関する事業
(4) その他目的達成のために村長が必要と認める事業
(基金の設置)
第3条 寄附者から収受した寄附金を適正に管理運用するため、伊平屋村美ら島応援基金(以下「基金」という。)を設置する。
(寄附金の管理運用)
第4条 寄附金は、前条の基金により管理し、運用するものとする。ただし、寄附者の意向が反映されると判断される場合には、寄附金を基金として積み立てることなく、必要な財源に充てることができる。
2 寄附金の使途が、他の基金により管理運用することが適当であると認められる場合には、当該寄附金を他の基金で管理運用することができる。
3 村長は、基金の積み立て、管理及び処分その他基金の運用にあたっては、寄附者の意向が反映されるよう十分に配慮しなければならない。
4 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。
(寄附金の指定等)
第5条 寄附者は、自らの寄附金の使途を第2条各号に規定する事業のうちから指定できるものとする。
2 この条例に基づいて収受した寄附金のうち、前項に規定する使途の指定がない寄附金については、村長が事業の指定を行うものとする。
3 村長は、前項の指定を行った場合は、直ちに寄附者にそのことを報告するものとする。
(積み立て)
第6条 基金として積み立てる額は、前条の規定により寄附された寄附金の額とする。
(運用益金の処理)
第7条 基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、この基金に繰り入れるものとする。
(処分)
第8条 基金は、その目的を達成するため、第2条各号に規定する事業に要する費用に充てる場合に限り、その全部又は一部を処分することができる。
(繰替運用)
第9条 村長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰り戻しの方法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。
(運用状況の公表)
第10 条 村長は、毎年度の終了後6ヶ月以内にこの条例の運用状況について、公表しなければならない。
(委任)
第11 条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。
附 則
この条例は、公布の日から施行する。

本日のフェリ-ー時刻表


*午前7時30分頃更新。
※天候悪化や、軽石漂着等により急遽欠航または運航時間等が変更となる場合があります。随時情報をご確認下さい


▼ 本日のフェリーの運航は、通常の2便運航です。

1便
伊平屋発 09:00
運天港発 11:00 
2便
伊平屋発 13:00  
運天港発 15:00  



車両予約・予約の変更等はお早めに済ませるようお願いします。

▼車両を予約されたお客様へ
※荒天や軽石の影響等により、予約していた船便が欠航になった場合、車両予約は無効となります。
改めて予約を取り直す必要がありますので、ご注意下さい。

To customers who have reserved a vehicle
※If the reserved ferry is canceled due to a typhoon, sudden bad weater or pumice stones, the vehicle reservation will be invalidated. Please note that you will need to make a reservation again.

軽石の影響によるフェリーの対応について

◎軽石の影響により、行き先が本部港へ変更となった場合でも、車両予約や貨物の受付等は、運天港にて行います。
本部港への問い合わせや、荷物の持ち込み、車の駐車は対応できかねますので、ご遠慮いただきますようお願いします。
(※本部港に駐車場はございません。)

◎本部港から伊平屋島へ車を航送される方は、伊江島行きのお客様のご迷惑にならないよう、11時10分以降に待機場所にて待機するようお願いします。

◎翌日の運航につきましては、運天港と前泊港の軽石の状況を見ての判断となるため、当日の朝決定致します。

※About the ferry due to the influence of pumice stones
Even if the destination is changed to Motobe Port due to the influence of pumice stones, vehicle reservations and cargo reception will be done at Unten Port. Please refrain from making inquiries to Motobu Port or bringing in luggage.
Those who are traveling from Motobu Port to Iheya Island are kindly requested to wait at the waiting area after 11:15 am so as not to bother customers bound for Ie island.
The next day's operation schedule will be decided on the morning of the day 
as it will be gudged base on the situation of pumice stones at Unten Port and Maedomari Port.
  

※.フェリーをご利用される皆様へ(お願い)
1    チケット購入時や乗下
  船時、客室内ではマス
  クの着用を徹底して下
  さい。
2    客室に備えつけされて
  いる毛布・枕の貸出を
  当面の間中止します。
3 乗船時に検温を行って
  おります。
   発熱のある方、体調が
   すぐれない方は、乗船
        をご遠慮下さい。
4    咳・くしゃみをする際
      は ハンカチ等で鼻と口
       を覆い、周囲のお客様
  のご迷惑にならないよ
  う、 しっかり対策をし
  て下さい。
5  切符売場、ターミナル
       内、フェリー船内では
      3密(密閉密接密集)
        の場所を避け、人と
  の距離を2メートル以
  上空け、風通しのよい
  場所(室外)等を利用
  
して下さい。

毎日午前7時30分頃更新。
来島の際は運航情報をご確認下さい。

























 
  
 
 

サイト内検索

このページのTOPへ