伊平屋村財務諸表の公表について

 
新地方公会計制度に基づく財務4表
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新地方公会計制度の概要
 
 
 
 
 
 
 これまでの地方公共団体の会計は、単式簿記、現金主義会計の下で財政運営をしてきました。この会計の目的は、現金の増減のみに着目し、与えられた予算をその年度内にきちんと使うことができたかを議会に報告することであり、決算書もこれに基づいて作成されています。
 しかし、現金主義会計では、どのサービスに幾らのお金が使われたかというのはわかるが、人件費や物件費などの内訳はすぐには分かりません。またこれまでに整備した資産の状況や、今後返済すべき地方債(村の借金)等の残高など、ストック情報も正確に把握できません。
 このようなことから、平成18年6月に成立した「行政改革推進法」を契機に、同年8月31日の総務事務次官通知「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針(地方行革新指針)」において、「新地方公会計制度実務研究会報告書」で示された普通会計及び連結ベースでの財務4表(貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書、純資産変動計算書)を作成し公表する「新地方公会計制度の整備」が位置付けられました。
1.地方公共団体は、総務省の「新地方公会計制度研究会」が示した「基準モデル」又は「総務省  改訂モデル」に沿った発生主義・複式簿記の考え方を導入し、地方公共団体単体及び関連団体(土地開発公社等)の連結ベースでの4つの財務諸表を整備すること
(財務4表:貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書、純資産変動計算書)
2.人口3万人以上の団体は平成21年度中に作成し、情報を開示すること
とされています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊平屋村の取組み
 
 
 
 
 
 
 
 伊平屋村では、「基準モデル」に基づく財務4表(普通会計、連結)を公表しています。
「基準モデル」では、民間企業会計の考え方を取り入れ、複式簿記・発生主義会計による財務データを用い、村所有全ての資産を時価評価する必要があり、伊平屋村では、平成22年度決算からすべての資産(土地、建物、備品、道路等)の調査・把握・評価を行っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
連結対象とした会計
 
 
 
 
 
 
 
一般会計、特別会計(国保・水道・農排・港湾・後期高齢・船舶)、一部事務組合、広域連合
 
連結  単体(普通会計1会計、特別会計6会計)+外郭団体(一部事務組合、広域連合等)

普通会計: 平成22年度  平成23年度  平成24年度  平成25年度  平成26年度  平成27年度

連結会計: 平成22年度  平成23年度  平成24年度  平成25年度  平成26年度  平成27年度

※平成28年度より統一的な基準により財務書類を作成

一般会計等財務書類: 平成28年度

全体会計財務書類 : 平成28年度
(一般会計+特別会計)
連結会計財務書類 : 平成28年度
(全体会計+外郭団体)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
財務書類4表構成の相互関係
 
 
 
 
 
 
【貸借対照表】BS
 村の財政状況を一目でわかるようにしたもので、年度末に保有する資産、負債、純資産を表示しています。資産合計と負債および純資産合計が同額となる(バランスする)ためバランスシートとも呼ばれます。ストックの財政状態を表しています。

【行政コスト計算書】PL
 企業の損益計算書にあたるもので、1年間の行政運営コストのうち、福祉サービスなどの提供といった資産形成に結びつかない行政サービスに要したコストを、人にかかるコスト、物にかかるコスト、移転支出的なコスト、その他のコストに区分し表示したものです。フローの財政状態を表しています。

【純資産変動計算書】NWM
 純資産変動計算書は、財政状態のフローを純資産の変動の角度から見たものです。村の純資産がその年にどのように増減したかについて財源の変動、資産形成充当財源の変動、その他純資産の変動に区分し表示したものです。フローの財政状態を表しています。

【資金収支計算書】CF
  これは、今までに作成してきた決算書とほぼ同じ内容です。すなわち、現金(資金)の出入りがどのようになっているかで、1年間の資金の増減を、経常的収支、公共資産整備収支、投資・財務的収支に区分して表示したものです。フローの財政状態を表しています。

本日のフェリ-ー時刻表


*午前7時30分頃更新。
※天候悪化や、軽石漂着等により急遽欠航または運航時間等が変更となる場合があります。随時情報をご確認下さい


▼ 本日のフェリーは通常の2便運航です。

1便
伊平屋発 09:00
運天港発 11:00 
2便
伊平屋発 13:00 
運天港発 15:00

フェリーいへやIII運航変更のお知らせ!!
 
車両予約・予約の変更等はお早めに済ませるようお願いします。

▼車両を予約されたお客様へ
※荒天や軽石の影響等により、予約していた船便が欠航になった場合、車両予約は無効となります。
改めて予約を取り直す必要がありますので、ご注意下さい。

To customers who have reserved a vehicle
※If the reserved ferry is canceled due to a typhoon, sudden bad weater or pumice stones, the vehicle reservation will be invalidated. Please note that you will need to make a reservation again.

軽石の影響によるフェリーの対応について

◎軽石の影響により、行き先が本部港へ変更となった場合でも、車両予約や貨物の受付等は、運天港にて行います。
本部港への問い合わせや、荷物の持ち込み、車の駐車は対応できかねますので、ご遠慮いただきますようお願いします。
(※本部港に駐車場はございません。)

◎本部港から伊平屋島へ車を航送される方は、伊江島行きのお客様のご迷惑にならないよう、11時10分以降に待機場所にて待機するようお願いします。

◎翌日の運航につきましては、運天港と前泊港の軽石の状況を見ての判断となるため、当日の朝決定致します。

※About the ferry due to the influence of pumice stones
Even if the destination is changed to Motobe Port due to the influence of pumice stones, vehicle reservations and cargo reception will be done at Unten Port. Please refrain from making inquiries to Motobu Port or bringing in luggage.
Those who are traveling from Motobu Port to Iheya Island are kindly requested to wait at the waiting area after 11:15 am so as not to bother customers bound for Ie island.
The next day's operation schedule will be decided on the morning of the day 
as it will be gudged base on the situation of pumice stones at Unten Port and Maedomari Port.
  

※.フェリーをご利用される皆様へ(お願い)
1    チケット購入時や乗下
  船時、客室内ではマス
  クの着用を徹底して下
  さい。
2    客室に備えつけされて
  いる毛布・枕の貸出を
  当面の間中止します。
3 乗船時に検温を行って
  おります。
   発熱のある方、体調が
   すぐれない方は、乗船
        をご遠慮下さい。
4    咳・くしゃみをする際
      は ハンカチ等で鼻と口
       を覆い、周囲のお客様
  のご迷惑にならないよ
  う、 しっかり対策をし
  て下さい。
5  切符売場、ターミナル
       内、フェリー船内では
      3密(密閉密接密集)
        の場所を避け、人と
  の距離を2メートル以
  上空け、風通しのよい
  場所(室外)等を利用
  
して下さい。

毎日午前7時30分頃更新。
来島の際は運航情報をご確認下さい。

























 
  
 
 

サイト内検索

このページのTOPへ