中小事業者等が所有する事業用家屋及び償却資産に係る固定資産税の軽減措置について

中小事業者等が所有する事業用家屋及び償却資産に係る固定資産税の軽減措置について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための措置に起因して事業収入が減少した中小事業者等に対して、令和3年度課税の1年度分に限り、事業用家屋及び償却資産に係る固定資産税の軽減措置が図られます。

 

対象者及び軽減率

 令和22月から10月までの任意の連続する3カ月間の事業収入の合計が次の中小事業者等

減少割合(前年同期比)    軽減率

30%以上50%未満      1/2軽減

50%以上           全額免除

「中小事業者等」とは、次に該当する個人又は法人です。

 

※1 個人 常時使用する従業員が1,000人以下の個人

※2 法人 資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人及び資本又は出資を有しない法人のうち従業員数が1,000以下の法人(大企業の子会社を除く)

※3 個人、法人ともに性風俗関連特殊営業を行っていないこと。

対象資産

中小事業者等が所有する事業用家屋及び償却資産

※個人の所有する居住用の家屋は対象外です。

手続きの流れ

 

? 認定経営革新等支援機関の確認を受ける。

 

 ※必要書類(イ〜エについては、認定経営革新等支援機関にご確認ください)

       ア 申告書

       イ 収入減を証する書類(会計帳簿や青色決算申告書など)

       ウ 特例対象家屋の事業用割合を示す書類(青色申告決算書など)

       エ 収入減に不動産賃料の「猶予」が含まれる場合は、猶予の金額や期間を

確認できる書類

 

? 認定経営革新等支援機関の確認を受けた後、村に申告

 

       ア 認定経営革新等支援機関の確認を受けた申告書

       イ 収入減を証する書類(会計帳簿や青色決算申告書など)

       ウ 特例対象家屋の事業用割合を示す書類(青色申告決算書など)

       エ 収入減に不動産賃料の「猶予」が含まれる場合は、猶予の金額や期間を確認できる書類

 ※イ〜エは、認定経営革新等支援機関に提出した同じ資料

 ※償却資産のある場合、令和3年度の償却資産申告も必要です)

 

申告期間・・・令和3年1月4日(月)から2月1日(月)まで

午前8時30分〜午後5時15分(平日のみ)

※郵送の場合、令和3年2月1日消印まで受け付けます。

 

受付場所・・・伊平屋村役場 会計課

認定経営革新等支援機関の一覧・・・中小企業庁HP(外部サイト)

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/kikan.htm

 

申告書

申告書(記載例)

この件へのお問い合わせ先

伊平屋村役場会計課

0980-46-2834

本日のフェリ-ー時刻表


*毎日午前7時30分頃更新。
*本日は、通常の2便運航
 です。 
1便 

  伊平屋発 09:00    
  運天港発 11:00   
2便 
  伊平屋発 13:00      
  運天港発 15:00    



※.フェリーご利用される皆様へ(お願い)

新型コロナウィルス感染拡大を防止
するため、12月25日〜1月11日まで
不要不急の渡航をご遠慮下さい。
フェリーをご利用される皆様へ
下記のとおりご協力お願いします。

1    枕及び毛布の提供を休止して
      おります。
2    乗船時に検温を行っております。
3 体調不良、発熱のある方は、乗船を
   ご遠慮お願いします。
4    乗船の際は、必ずマスクの着用と、
  手洗い備付けの消毒液で手、指の消
  毒をお願いします。
5   「咳・くしゃみ」は、ハンカチ等で
  「口・鼻」を覆い周辺のお客様の
  迷惑にならないようお願いします。
6  切符売り場、ターミナル、船内では
  「3密(密閉、密接、密集)」の場所
    を避け、人との距離を2メートル以上
    空け、風通しの良い場所(室外)等を
    利用してください。        

毎日午前7時30分頃更新。
来島の際は運航情報をご確認下さい。






















 

  
 
 
  


サイト内検索

このページのTOPへ